体のバランスを整え、免疫力を高め、皆様の健康づくりのお手伝いをする緑園都市整骨・鍼灸・マッサージ院!

緑園都市整骨院 緑園都市鍼灸・マッサージ院
〒245-0002 横浜市泉区緑園1丁目4番1号オーシャンテラス緑園202
体のバランスを整え、免疫力を高め、皆様の健康づくりのお手伝いをする整骨院として「とにかく改善。痛みを抜いていく。」を理念に治療しております。
体のバランスを整え、免疫力を高め、皆様の健康づくりのお手伝いをする整骨院として「とにかく改善。痛みを抜いていく。」を理念に治療しております。

慢性腰痛を治そう!!

TOP>>慢性腰痛を治そう!!

2015年7月14日 7:52 PM 未分類

118

慢性の腰痛を治そう!!

 

一昨晩のNHKスペシャル 腰痛・治療革命 〜見えてきた痛みのメカニズム〜

をご覧になった方が多いと思います。

 

当院でも慢性腰痛を訴えて来院される方がいらっしゃいます。(自由診療枠です)

多くの方は1〜3ヶ月で無事に卒業され、

2週間〜1ヶ月に一度の割合でメンテナンスに訪れるようになっています。

何故に当院の腰痛プログラムは結果が良いのでしょう?

昨晩のテレビ内容は当院で実践している内容が含まれておりました。

それが良い結果につながっていると思われます。

 

先ずは腰痛ですが、

日本腰痛学会がまとめた治療・診断の指針「腰痛診療ガイドライン」では、

日本人の8割が一生涯に一度は経験するそうです。

 

そしてこの腰痛には特異的腰痛と非特異的腰痛があります。

 

特異的腰痛とは「原因が特定できる腰痛」で、

例えば椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、圧迫骨折、感染性脊椎炎や癌の脊椎転移、

大動脈瘤、尿路結石などの内臓疾患などです。

 

非特異的腰痛とは「原因が特定できない腰痛」です。

この中にはギックリ腰などが入り、いわゆる慢性腰痛と呼ばれるものが含まれています。

 

この二つで割合として特異的腰痛が15%、非特異的腰痛85%とされており、

理由がない腰痛の方が実際は多いそうです。

 

この非特異的腰痛の原因の一つとして発表された腰痛診療ガイドラインでは、

「心理的・社会的ストレス」が記載されました。

海外では既に幾つかの研究機関においてストレスと腰痛の因果関係が認められており、

日本でもそれを取り込んだ形と言えるのでしょう。

 

その心理的要因の慢性腰痛に対して、

最近の研究で脳のDLPFC(背外側前頭前野)に原因がある可能性が指摘されました。

慢性腰痛の方はこのDLPFC(背外側前頭前野)の体積が極端に減り、

活動が衰えていることがわかってきました。

 

更に長期にわたる慢性腰痛がある方や痛みが強い方に顕著に現れているそうです。

 

筋肉をぶつけ炎症が起きたとか、強い衝撃により骨へ異常が起きたなど、

体に異変が起きれば神経がその異変を感じ取り、

その感じ取った神経を介して脳に「痛み」として伝えられます。

すると脳で神経回路が興奮を起こし「痛みの回路」ができあがります。

人はここで初めて痛みを感じるのです。

 

この痛みの回路は炎症や異常が消失してもすぐに消え去るわけではありません。

この「痛みの回路=興奮」は脳内でしばらくの期間を待機します。

この「興奮」を鎮める命令を出す場所がDLPFC(背外側前頭野)です。

 

ところがDLPFC(背外側前頭野)の働きが弱くなると、

この興奮を消失させることができなくなり、

痛みの元であった筋肉の炎症や骨の異常が治癒しても、

脳の痛みを感じる興奮が残ってしまいます。

これが慢性的な痛みを感じ続ける原因の一つとなるのです。

これは腰だけに限らず、関節痛や他の痛みでも同じです。

 

それではどのような理由が、

DLPFC(背外側前頭前野)の機能を低下させているのでしょう?

それは強い恐怖だそうです。

これを消失させれば機能回復するそうです。

 

これはNHKの番組でも言っていたのですが、

「腰痛は怖くない!」と思い込ませるのが大事だそうです。

「腰痛は治る!」とした専門家の解説映像を見ることで、

脳内の記憶回路に良い記憶を定着させ、

DLPFC(背外側前頭前野)の働きを回復させる方法があります。

 

これで変化が現れない場合は体に覚え込ませるように、

腰を反らす姿勢をとらせます。

これにより「動かしても痛くない!」ということを体に覚え込ませていきます。番組の実験ではこの方法を2週間に渡り行い、

約60%の人が腰痛を解消したそうです。

 

この2通りで解決しない方ですと、

今度はカウンセラーが行う「認知行動療法」が有効とされていました。

これは専門のカウンセラーにより認知と行動恐怖を改善する方法です。

専門家が行うカウンセリングの為、効果が高いとされています。

 

このように慢性腰痛を改善する方法があるのですが、

保険適用外であるため国内の整形外科では、

認知行動療法を取り入れ行っているところは少ないそうです。

 

それでは当院ではどのような取り組みをしているのか。

 

当院では来院時の患者さまの様態をきっちりお話させて頂きます。

そして治療計画を説明し、その都度に痛みの度合いを確認していきます。

もちろん体操なども当院でも行いますし、

自宅で行える体操をお教えしております。

 

これ以外でも高周波治療器(Radio Stim)、超音波、微弱電流などを使用し、

体のバランス(首、腰、足)をチェックし改善させます。

 

他にもYNSA(山元式新頭鍼)を軸とした鍼灸治療を行うことで、

脳に働きかけ痛みをコントロールすることもあります。

 

こういった一つ一つの方法論を確実に患者さまに伝え、浸透させ実践していくことが、

当院のプログラムが効果的であり高いリピート率の現れだと思われます。

 

慢性腰痛や慢性肩こりなどで悩まれている方は体験して下さい!

慢性痛から解放される喜びを体験しましょう!!

 

NHK番組内で紹介していた慢性腰痛は怖くない!とした紹介映像です。

http://www.nhk.or.jp/kenko/nspyotsu/a01.html

 

アクセス情報

大きな地図で見る

住所
〒245-0002
横浜市泉区緑園1丁目4番1号オーシャンテラス緑園202
受付時間
月:09:00〜19:00
火・水・木・金:09:00〜20:00
土:09:00〜12:30
※初めての患者様は19:00まで(月曜は18:00まで)
に入って下さるようお願い致します。
休診日
土曜日午後、日曜日、祝日
お問い合わせ番号
045-815-1521
最寄り駅
「緑園都市」より徒歩3分
駐車場
完備
045-815-1521 お問い合わせ
pagetop
フィジオラジオシステムでうれしい実感!